読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜びアップな人生を☆贈って喜ばれるギフトならお任せください!

あなたの想いをカラーサンドを使ってカタチにします。グラスサンドアートLinoNature(リノなちゅーる)加賀さゆみ。熊本でグラスサンドアートを制作・全国発送をしている元花屋。結婚退職後、人口4,000人の田舎に移住。貯金なし、求人なし、人脈なしの状態から花屋で極めたグラスサンドアートで自宅起業する。元花屋ならではの「植物の知識」「フラワーアレンジメント技術」「飾りやすさ」を兼ね備えた本格グラスサンドアートは全国から注文が絶えない。現在はオンラインでグラスサンドアート講座も行っている。夢はグラスサンドアー

 

あなたの想いをグラスサンドアートでカタチにし
贈って喜ばれるギフトをお作りします♡

これまでに作った作品は1,000点以上。
元花屋が作るグラスサンドアートは
「飾りやすい」「植物の知識があって安心」「アフターフォローも心強い」評判を頂いております。

作家プロフィール→こちらをクリック -

≪グラスサンドアートのご注文≫

■簡単4ステップでオーダーメイドが可能です
こちらをクリック - 
(名入れ・イラスト入れ・開店祝いの店名&ロゴ入れなどオーダー出来ます)

■人気デザインをあつめたネットショップ
こちらをクリック


≪グラスサンドアート講座≫

2017年より、オンラインで受講できる

グラスサンドアート作家養成講座を始めました。
(初心者さんでも基礎~文字・イラスト入れまで出来るようになります)
講座詳細はこちらをクリック- 


女性は「可愛い」だけで衝動買いしてしまうのだ・・・

 

昨日行った美容室で

とっても可愛いシャンプーのミニボトルを頂きました♡

 

 

f:id:linonature:20160812083341j:image

レジのところに

このような可愛いシャンプー&リンスがズラーーーっと並んでいて

私、とってもキュンキュンしてしまったのです!笑

 

 「可愛いー!!買おうかな!」

と思いました。

 

こういう「可愛い」だけですぐ「買おうかな」って思ってしまうのは

私だけかと思いきや、実はそうではないんです(笑)

 

 

ということで、今日は「昨日見た可愛いシャンプー」を元に

女性向け、男性向けの文章の書き方の違い、

沢山ある商品のアピールポイントから1つを見極める必要性について書こうと思います。

(シャンプーにちなんで、例えもすべてシャンプー系にします)

 

 

ではまず女性向け、男性向けの文章の書き方の違いについて。

 

f:id:linonature:20160812120649j:plain

 

 

 

 

 

 

先ほどの続きですが

女性にとって「可愛い」は十分な購買理由になります。

シャンプーリンスでも“可愛い見た目”だけで

高い金額でも、うっかり衝動買いしてしまうことがあり得るんです。

たとえ、そのシャンプーやリンスの成分を知らなくても(笑)

 

男性には「はい??」と理解できないかもしれませんね。

 

でも女性は成分を言われたところで頭には「?」が浮かび

あまり理解できないんです。

(っていうか理解しようとしない・・・かな)

 

 

だから女性向け商品の広告は、必要最低限の成分しか記載されておらず

写真を多めに使用してあることが多いです。

写真多め、文字少なめ、それが女性向けの広告です(笑)

 

男性はどちらかというと成分重視だったりしますよね。

何が入っているのかわからないと買わないよ!というところがあると思います。

だから男性向けの広告は成分を記載し、その成分がどう良いのか根拠まで

 

 

どうしても売りたい商品があると

その商品の良いところを調べ上げ、それをすべて伝えようとしてしまいます。

 

でも大事なのは、そこからターゲットへのメリットを見極めるということです。

 

例えば、
☑︎髪の広がりを押させる
☑︎髪の毛を太くする
☑︎髪の毛に艶を与える
☑︎毛根を元気にする
☑︎朝のスタイリングが楽になる

 

これらのメリットを踏まえ

30代主婦が一番喜びそうなメリットはどれだろう?

60代男性が喜びそうなメリットは?

薄毛に悩む女性が喜びそうなものは?

 

とターゲットのことを考えながら

そのターゲットの一番メリットになることを最初に伝えるんです。

(広告なら見出し、キャッチコピーになる部分ですね)

 

f:id:linonature:20160812130337j:image

 

更にメリットの伝え方もとっても大事!

 

「これ髪の毛にすごく良いんです!」

「頭皮に良いんです!」

 

これだけでは買う理由になりません。

 

・髪の毛にどう良いの?

・頭皮にどう良いの?

 

と言われた方は思うのです。

 

「このシャンプーは洗浄力がしっかりあるから毛穴の汚れまでしっかり落として、頭皮に良いんです!」

 

これでも不十分。

 

要は、頭皮に良いとどんな効果が期待できるのかまで伝えないと

シャンプーの魅力は伝わらないということ。

 

 

「頭皮に良いから、髪の毛が元気になってツヤツヤになります。」

 

など

メリットまでしっかり伝えることが大切なんです。

 

これが『魅せる文章』です。

 

髪の毛のボリュームに悩んでいる方へだったら

「毛穴の汚れまでしっかり落とすから頭皮に良いんです。頭皮に良いと髪の毛も元気になるのでハリとコシが出てボリュームあるように見えるんですよ。」

 

とアプローチ出来ますよね。

 

以前私の父が、栄養ドリンクの営業をしていたのですが

薄毛の男性相手に

「疲れが取れやすくなったりするんですが、髪の毛の伸びも早くなった気がするんですよね」

と言ったら即売れたそうです(笑)

 

 

真の悩みをどう解決してくれる商品なのか、

それがしっかり伝われば、お客様からも感謝されます。

 

 

というわけで、今日は

女性向け、男性向けの文章の書き方の違い、
沢山ある商品のアピールポイントから1つを見極める必要性について

以上2つを書かせていただきました。

 

ここまで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

 

P.S

昨日見たシャンプー&リンスが可愛すぎて

次夫が髪切りに行く時に買ってみようかなと思っております(笑)

f:id:linonature:20160812083402j:image

だって美容院に置いてあるんだから

絶対髪に良いのは間違いないじゃないですか( ´▽`)ふふふ

 

 ーーーーー

“魅せる文章”で売上アップを実現する

セールスコピーライターさゆみ

プロフィールはこちら -

 

【8/25(木)開催決定】

最短翌日に反応が出る集客率&売上アップセミナーin熊本

詳細は→こちらをクリック -

 

文章で売上アップしたい方へ

▼ブログ、広告など媒体問わず、売上を1.5~3倍に上げるコンサルをしております

1人1人オーダーメイドのお試しコンサル - 


▼仕事が取れるプロフィール作成や、各種メニューをご案内しております

売り上げ&集客率UPのご提供メニュー -