読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜びアップな人生を☆贈って喜ばれるギフト制作をするハンドメイド作家とセールスコピーライターのブログ

グラスサンドアート作家/セールスコピーライター。人口4000人の田舎でグラスサンドアートを制作・販売をしている元モデル。ハワイと熊本で活動していたが、みるみる仕事が減り卒業。癒しを求めて就職した花屋でグラスサンドアートに出会う。結婚退職後、独立。ブログ集客の為には売上に直結する「売れる文章力」が必要だと2000時間、100万円以上を投資しセールスコピーライティングを学ぶ。結果、ブログの文章を変えただけでお問合せが3倍に。現在はセールスコピーライターの仕事もしつつ、全国からグラスサンドアートを受注している。

 

あなたの想いをグラスサンドアートでカタチにし
贈って喜ばれるギフトをお作りします♡

これまでに作った作品は1,000点以上。
元花屋が作るグラスサンドアートは
「飾りやすい」「植物の知識があって安心」「アフターフォローも心強い」評判を頂いております。

作家プロフィール→こちらをクリック -

≪グラスサンドアートのご注文≫

■簡単4ステップでオーダーメイドが可能です
こちらをクリック - 
(名入れ・イラスト入れ・開店祝いの店名&ロゴ入れなどオーダー出来ます)

■人気デザインをあつめたネットショップ
こちらをクリック


≪グラスサンドアート講座≫

2017年より、オンラインで受講できる

グラスサンドアート作家養成講座を始めました。
(初心者さんでも基礎~文字・イラスト入れまで出来るようになります)
講座詳細はこちらをクリック- 


※セールスコピーライターという職業もしております。(セールスコピー:売上に直結する「商品を販売するため」に作成される文章)
ブログ、チラシ、SNS発信や名刺にも使えるスキルなので、セールスコピーのことも発信しています。(売上を10倍UPさせた実績もあり)
ハンドメイド作家さんやご自分でビジネスをしている方のお役に立てれば幸いです。

似たような外見だけど、その中で選ばれる理由、人気の理由とは?

∟売上アップに役立つ書き方(コピーライティング)

こんにちは!

“魅せる文章”で売り上げアップを実現する

コピーライターのさゆみです。

 

週末、地元に帰って夏祭りを楽しんできたのですが

その中でも“コピーライティング”に関しての気づきがあったので

今日はそのことをブログに書こうと思います。

 

福岡県大牟田市の夏祭り『大蛇山』。

 

7月の第3土・日になると(ときどき第4土・日)

大牟田中に写真のような大蛇山が出没します。

 

f:id:linonature:20160727110017p:image

通行規制 がされるので

車の方は要注意です(笑)

 

一体、何体の大蛇山が存在するんだろうってくらい

数多くの大蛇山がいるのですが、

 

土日の夕方になると

大牟田の中心街にて大蛇山のパレードが始まります。

 

そして『かませ』という

子供を大蛇山にかませる時間も設けられます。

※かませ・・・子供を大蛇に噛ませると、1年間子供の無病息災が約束されると言われている

 

この『かませ』なのですが、

時間帯が決まっており、どの大蛇も一斉にかませを始めます。

 

私も自分の子供を連れて、かませの列に並んだのですが、

あることに気が付いたんです。

 

大蛇山によって、

並んでいる人数が全然違うということ。

 

みんなそれぞれ好きな大蛇はいると思います。

f:id:linonature:20160727110017p:image

 

だけど、人気のある大蛇、人気のない大蛇の違いって

一体何なんでしょうか・・・・。

 

私も自分のお気に入りの大蛇に並びました。

 

f:id:linonature:20160726173938j:plain

 一番歴史のある大蛇山です。

 2010年に無形民俗文化財にも指定されています。

 

私が生まれ育った地域の大蛇で

小さい頃からこの大蛇山の法被を着て参加していました。

 

だから大人たちも、若い子たちも

みんな私の家族みたいな感じです。

 

私はそういう理由で、

かませるなら「この大蛇!」と選んでいるのですが、

 

他の人たちってどういう基準で大蛇山を選んでいるんだろう?と思いました。

 

そしたら私の後ろにいた人からこんな言葉が聞こえてきたんです。

 

「あっちの方がカッコイイけん、あっちの大蛇にしよう」

 

 でした。

 

 

え、えええええーーーーーーー!!!!!

 

私からしたら衝撃でした・・・・・

 

が、

 

めちゃくちゃ納得な一言でした。

 

確かに、こんなに沢山選択肢があるんだもの・・・

f:id:linonature:20160727110017p:image

 

1年に1回、

わが子をかませるのであれば、

華やかで、カッコイイ大蛇を選びますよね

 

私は自分の地域の大蛇山が一番カッコイイと思っていました。

歴史あるし、一番優しい顔をしているし(唯一の女の子大蛇だしね)

関わっている人たちも皆良い人たちばかり!

しかも、大牟田に存在する大蛇山の中で一番大きな大蛇なんです。

 

だけど、そういう色眼鏡を取って

他の大蛇を見てみると・・・・

 

確かに、カッコイイ大蛇は他にもいっぱいいる。

 

 

好みは人それぞれだと思うのですが、

一見、違いがよくわからない大蛇の顔(笑)

 

それなのに、

毎年『かませ』に行列が出来ている大蛇と

そうでない大蛇の違いって一体何なんだろう?

 

そう思って見比べてみました。

 

“魅せる文章”(セールスライティング)を書くにあたって一番大事なこと。

 

『お客様(初心)の目線に立つ』

 

 

私が大蛇山に詳しくなくて

特に好きな大蛇もいなかった場合・・・・

 

どういう基準でわが子をかませる大蛇を選ぶだろう・・・・?

 

そう考えた際に以下の4つが浮かびました。

 

1.大蛇山がカッコイイ

2.かませのやり方が華やか

3.かませをしているところの写真を撮りやすい

4.出来れば歴史のある大蛇山が良い

 

1~2は、代々伝わるデザインとやり方だと思うので

大蛇側からしたら変えられないものだと思いますし

むしろ変えちゃダメなものだと思います。

 

だけど3は?

 3.かませをしているところの写真を撮りやすい

 

年に1回の『かませ』。

親としては、わが子が大蛇山にかまれて泣いている姿を

記念として写真やビデオに綺麗に収めたいもの。

 

行列が出来ているところのかませを見たら

正面から赤ちゃんの顔がしっかり見えるようにかませをしていました。

 

これは写真も撮りやすい。

 

どうしても正面からきれいに写真を撮りづらい感じになるのであれば

「ここからのアングルが1番きれいに撮れますよ!」

 

と親御さんを誘導してあげるのも1つの手ですよね。

 

しかも、

行列が出来ている人気の大蛇は

赤ちゃんや親御さんへの対応も親切・丁寧という声を聞きました。

 

 

写真も綺麗に撮れて

対応もよかったら・・・・

 

「来年もここでお願いしよう!」

と思うし

友達にも「○○の大蛇良いよ!」と勧めたくなりますね。

 

 

子供を生むまでは、私も夏祭りに法被を着て参加している側でした。

夏祭りは楽しむもの!盛り上がるもの!と思っていたので

『かませ』に並ぶ親の気持ちをわかっていませんでしたし、

考えもしませんでした。

 

自分が親になって、

実際写真を撮ってみて初めて、

お客様目線(初心の目線)に気が付きました。

 

いかに自分の大蛇の“魅力”を最大限に演出できているか

そしていかに『かませ』を目的とした人たちの求めるものに、応えられているか

 

“魅せ方”って、文章でも、写真でも、演出でも

大切なことなんですね。

 

 

そう改めて思った

夏祭りでの気づきでした!

 

今日はかなりマイナーというか・・・

地元ネタですみません(^^;

 

お読みいただき、ありがとうございました♡

 

さゆみ

 

******************

現在、広告・ブログ・HPなど、売上アップする無料添削をしております。
ご希望の方は以下よりお問い合わせください。
添削希望のお問い合わせはコチラからどうぞ

熊本県大津~光の森周辺での対面か 、Skype出来る方が対象です。

※対面の方へ
私の1才の息子も同席することをご了承ください(>_<)

 

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼


★グラスサンドアートのオーダーメイド、随時承っております!
オーダーメイドご希望の方は以下をクリックして下さい☆↓↓↓
グラスサンドアートのオーダーメイドについて - 喜びアップな人生を☆さゆみのブログ

★既にデザインされたグラスサンドアートをご希望の方は以下をクリックしてください☆
ネットショップです! ↓↓↓
贈って喜んでもらえる“世界に1つだけのギフト”をお届け☆グラスサンドアートのネットショップ

 

★売上が上がるライティングのお仕事承っております
(広告コンサル、ブログコンサル、LP執筆、広告制作依頼など)↓↓↓
売り上げ&集客率UPのご提供メニュー - 喜びアップな人生を☆さゆみのブログ

★さゆみのプロフィール
さゆみプロフィール - 喜びアップな人生を☆さゆみのブログ

✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼